Information

News - お知らせ

Column - 中国最新事情

2018

2018.03.01   中国の広告法対策について<禁止ワードについて>

改正されて以降、非常に取り締まりが厳しくなっている中国の広告ですが、誇大広告についての禁止事項についてご説明したいと思います。

誇大広告についての禁止内容は、中華人民共和国広告法<第二章九条>に記載があります。
第三項に、「国家級」、「最高級」、「最良」等の用語を使用する。ということが規定されていますが、“最良”等ということで、過去の罰則の事例などから、以下のようなキーワード、あるいは類似するキーワードについては、全て広告での使用は控える方が良いです。

<中国国内で使用を控えた方が良い文字>
国家级、世界级、最高级、最佳、最大、第一、唯一、首个、首选、最好、最大、精确、顶级、最高、最低、最、最具、最便宜、最新、最先进、最大程度、最新技术、最先进科学、国家级产品、绝对、独家、首家、最新、最先进、第一品牌、金牌、名牌、优秀、最先、顶级、独家、全网销量第一、全球首发、全国首家、全网首发、世界领先、顶级工艺、最新科学、最新技术、最先进加工工艺、最时尚、极品、顶级、顶尖、终极

中国語原文のままとなりますが、日本語でも使われる熟語が多いので、おおよその意味はご理解いただけるかと思います。

「最も」、「唯一」、のような意味に近い言葉は全て使用できないため、本当に注意が必要になります。特に日本語の原文をそのまま翻訳してWEBサイトやカタログなどに使用してしまっている場合、翻訳者が中国の広告法を理解していない場合には、大きなリスクを背負うことになってしまいます。

また、WEBサイトなどを特に広告などで集客していない場合でも、中国国内にサーバーを置いて配信されている場合には、とくに上記のような文言を使用していないかどうか、再度チェックされることが望ましいです。

弊社では広告文に則した内容のチェックと修正も対応しておりますので、何かお困りの場合にはお気軽にご相談ください。

以下原文をご覧頂けますので参照ください。
中華人民共和国広告法(主席令第二十二号)
http://www.gov.cn/zhengce/2015-04/25/content_2853642.htm

一覧に戻る

Contact

WONDER STAR INC.

ワンダースター株式会社

メールでのお問い合わせは こちら から

メールでのお問い合わせは